DANCE & LIFE with DOG

JUNKO OKUDA dance information, Life with CAMUS MUSE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お葬儀

彼女も日曜学校で教えてたことがあった事は私との共通点で
でもこんな形で共に教会に なんてこと思いもしなかった。

意識の上では彼女とつながれるし、
彼女の思いや、考えも語る事も 伝えることができる。
しかし肉体が不在であるということは、
彼女の記憶が鮮明に思い出されるほどに 
一緒に踊った、みにいった体の記憶が鮮明になるほどに
目の前の事実と温度差を感じていた。


幼い頃 
「キリスト教では、死は永遠の別れではなく一時の別れ悲しい事ではないのよ」という母に私はきいた
「じゃあ、なんでお葬式するの?」
「私たちのためよ。いないということを理解するためよ」

このやりとりを今日ほど苦く思い出した事はない。

理解しなければいけないのか???
理解なんてしたくないと体が全身で拒絶していた。

スポンサーサイト
  1. 2007/05/14(月) 00:25:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<友人へのメール | ホーム | いよいよ本日!クロッキ-SHOW>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://junko2005.blog13.fc2.com/tb.php/736-a5e5d920

J.O

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。