DANCE & LIFE with DOG

JUNKO OKUDA dance information, Life with CAMUS MUSE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソロ公演ビデオ上映の感想頂きました。

17日モデル友達Tさんのお友達Jonoさんより17日上映した映像の感想頂きました!!!


ビデオ上映、とても興味深く拝見しました。
“興味深く”と言っても、わたしは普段、ダンスを見るという習慣がないもので、あのときはいったい何がはじまるのかもわからないまま、ソファに座って、ぽや~んとしていたというのが正直なところ。映像が流れて始めてしばらくしても、やっぱりぽや~んとしていて、「これは動きのシナリオがあるのかな?それともアドリブなのかな?」と、“考え”を巡らせることをしていたのですが……。数分も無言で画面を見つめているうち、自分がそこはかとなく緊張していることに気がついたのです。
「え?あれ?私、緊張してる?なんで?」
その感覚は妙に落ち着かないものでもあったので、「おちつけ」とか、自分に言い聞かせたりもして、あのときのわたしは、なんだか“アブナイヒト”みたいな感じでした(笑)
なぜ自分が緊張していたのかは、今もってサッパリわからないままです(友達の前衛舞踏を見に行ったこともあるし、ダンスが苦手というわけではちっともありません)
ただ、最初にわたしの頭の中にあった“考え”が消えていき、そのあとには“緊張”が顔を出したのは事実で、こんなふうに“映像を見ているだけで身体に反応が出る”というのは、とても不思議な感じがしました。

映像にはBGMがあてられていましたが、それとは別に、踊りの中で発生する音(足がぱぁんと鳴ったりなど)が、消されず残されていたのが面白かったです。
目の前で踊ればもちろん、ああした音は聞こえるわけですが、その場合、むしろそういうノイズは気にならないかもと思いました。二次元(スクリーン)で鑑賞しているからこそ、衣擦れの音だったり、ダンサーの呼吸音が気になったりするのかなと。
テレビや映画のダンスシーンでは、そういう音は消去されているので、呼吸の音に気がついたときは、「あっ、ハアハア言ってる!(生きてる!)」ってな感じで妙に新鮮というか、どきっとさせられる思いでした。

****************************************************************

 映像でのダンスは、ライブ感がうすれるのでどうかな~と思っていました。
今回は、ダンスライブの映像だからこそ、ダンスのライブ感を感じて頂けたのかな?
と思いました。
Jonoさんありがとうございました。        
スポンサーサイト
  1. 2006/11/18(土) 03:43:53|
  2. 非常口ココニアリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Happy for everybody!!!!!! | ホーム | 非常口と連動>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://junko2005.blog13.fc2.com/tb.php/586-bf7373af

J.O

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。