DANCE & LIFE with DOG

JUNKO OKUDA dance information, Life with CAMUS MUSE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウェット

本日いや、昨日
着物のデザイン 手描き友禅 染めをやってる友人宅訪問。
骨董品でいっぱいの家で可愛い亀さんなんかもいたりして
見所満載!
アトリエの方はこれまたすごくて
いいものたくさんみせてもらいました。着物 帯 etc

いろいろ話して帰り着き

ふと
友人が、
着物の柄をつくる職人さんの言葉を紹介してたのを思い出す。

『おれは脱がせたくなる着物にしないといけないんだよっ!
それはエロスだよ
エロスは人間の本能で、生きる活力を与えるものなんだ!』

つづいて
「一級品には色気がある」
という言葉も思い出す。たしか漆職人さんがいっていた。


日本の エロス 色気
これは西洋のものとは違うように思う。
日本のものはウェット。気候のせいか人間関係のせいか。。。

体に関していうと
西洋をはじめ中国も3次元的
日本は平面2次元的
これは動きやきるものからもわかる。
日舞や着物は平面的で
バレエや洋服が立体的

しかしながら、能舞台の宇宙的空間を思うとき
4次元という言葉が頭をちらつく。

今日友人のかいた乱菊の着物を羽織ったときにも
平面に置かれていた2次元のものが瞬時にかわり
4次元を感じた。

今 こうしてかきながら思う。
日本の色気やエロスは肉質的でないところにあるのでは?

海外物のAVを動物的すぎて、、、という男性陣の声をよく耳にする。
人間動物なんだから当たり前のような気もするけど
違うんでしょうね~感覚が。

一級品の色気とAVのエロスを一緒に並べるのもどうかと思うが 笑
そそられる そそられないということでは同じか?

ちょっと話がばらけてきたところで
ドライな色気とウェットな色気なら
私はウェットな色気のほうがそそられる
というところで今日は終わりにしておこう。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/13(月) 23:28:18|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あらま | ホーム | ぷは!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://junko2005.blog13.fc2.com/tb.php/1308-9d8a49a6

J.O

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。