DANCE & LIFE with DOG

JUNKO OKUDA dance information, Life with CAMUS MUSE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まんぷく~

カラダのお望みに従うと
こんな陽気だと寝て過ごしたくなる
そんな日曜日
でも、食べ物じゃない栄養補給したくなりました。

あ、そうだ。
前の日記に書いた即興道場
気分爽快でした。
あれだけ汗かいたのは久しぶり。
60分の即興
楽勝と思ってたのだけど
いろいろな人がいるとついつい、、、
踊ったというより 遊んだ~のほうが妥当な言葉
と同時にビデオみつつ反省~
お家に帰っても反省~
そんなこともあったせいか
今日(昨日)は、舞台がみたいと思いました。
まあ、ここのとこ劇場下見しにいったりしながら
改めて舞台 劇場でやる意味ってなんだろうって考えていたので。

カラダの意志は放り投げ
楽日だからチケットあるのかな~という思いも打ち消し
途中混んだ電車にめげそうになりつつ
頭の衝動のおもむくままに出かけた先は
彩の国芸術劇場
ヤンファーブルみてきました。
いってよかった!!!
おもしろかった~
近年みた中で上位です。ベストかも。。。
もしどこかでみる機会に出会えた人は、みた方がいいと思いますよ。
好き嫌いはあれど、一見の価値ありです。
ヤンファーブル、オランダにいた頃ビデオだったかみた時は、
おもしろい、、、と思うけど。。。う~ん、、、と思ったものだけど、、、
あ そうだ 昨年みた 死の天使 も面白かった。
けど、、、今回のはすごい!
長いこと ここでも問い続けて来た アート デザイン ファッション
それらすべてがあって、
そうだな、ぶちまけた ということばがよくあう。
内容について細かくかきたいところだけどうま~くかいてくれてる方々がいるのでスキップしてしまおう。
内容は日々変化してるとのこと。
初演から40%はないようがかわってるといってた。
劇中マイケル ジャクソンネタも出て来たのは、日々変化の故か。
時代を語るに欠かせないからどうかなあ。。。
全体を通してフェイクオルガズムについて語られてるわけだが、
じゃあリアルオルガズムは?と思い
アフタートークの際 質問しようと思ってたら、やはり同じ考えもつ方が挙手
答えは自分で試して(探して)欲しい。だった。
ヨーロッパでポルノ映画が減少してテレフォンセックスが増加
お手軽に手に入れられるファーストフードのようなオルガズム
そういやあ、高円寺に昔会ったポルの劇場
子供の私には衝撃だった。ついつい凝視して母に怒られたものだった。
日本はどうなのかな~

下ねたにどっと笑ってる観客みながら日本の観客も変わったな~と思った。
ヤンファーブルが80年代初めて上演した時は、トマトをぶつけられたそうだ。お、意外とやるね~日本人 なんて思ったりして。笑
「それでも、日本で作品をやる事を楽しみにしています。アヴァンギャルドは伝統的な文化のもとにあるものだと思うから。」とヤンファーブル
ふ~む。。。
劇中裸体がかしょかしょ出てくる事に関して指摘した人がいた。
この辺はばりっと日本だな~と思った。
作品上必要不可欠なものなんだけどね~
(ド頭からマスターベーション大会だったからね~)
作者と出演者の信頼関係のもとにあるもので、作者の考えが明確だからこそぬげるんだよ。

最後にヤンファーブルがいった言葉 
美を信じて欲しい
そうだよね。

帰り着いて カラダののぞむままにばたっと寝たいところ 気になってた事片付けてたらこの時間、、、ぎょっ。。。ねます!おやすみなさい!
スポンサーサイト
  1. 2009/06/29(月) 05:57:22|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日13~16時@森下スタジオ 即興道場!!!

本日、13~16時 森下スタジオにて
友人ダンサーjouの即興道場があります。
御一緒いかがですか?

ほんとに直前です。笑
あはは!
本日 6月26日金曜日の事なんですが~
友人ダンサーjou即興道場やります。
即興を60分プロジェクターでリアルタイムで映し出す画面をつくりあげる。60分が終わったら批判などせず、ただ、ただ みる。
おもしろ~い!
というわけで、J.Oは遊びにいってきます。(セツあとでカラダ動くのかな~)
ちなみにjouは自称はりがネーゼのながーいラインのきれいなダンサーです~
最近韓国での賞もとりました。いいダンサーですよ~一緒に踊るのはバオバブ以来だから、、、え~と、、、9年ぶり!!!
あ、、違った。松本大樹作品以来だから5年ぶりか!
見学希望の方も参加者扱いで~す。
楽器持参で即興演奏もありあり!(参加者扱いです)
以下詳細

JOU|Odorujou 即興道場|1日・1クラス
6/26[金]13:00-16:00
予約: 2000yen
当日: 2500yen

人生は即興の連続です。とにかく、やってみること。自分も周囲も、想定内では進まないのが人生です。その時、どう対処するのか? それが即興。即興の経験を積む為の荒修行の場である即興道場では、ノンストップ60分の即興を参加者全員で行います。やりっぱなしではなく、終了後に、己の姿をきちんと見据えることで、経験の引き出しが増えてゆきます。この時、大切なことは、批判したり、コントロールしたりしようとせず全てをありのままに受け止めて、それらをポジティブに活かす、という心持ちです。Odorujouの極意「わくわく心躍る状態」を積極的に探求していきましょう。
※他クラス受講者は、参加費が500円引き(予約 1,500円/当日 2,000円)になります。


Whenever Wherever Festival 2009
june 22-july 12

only one day experiance
June 26 (Fri) 13:00-16:00
Odorujou 即興道場
@Morishita Studio B
http://www.saison.or.jp

Odorujou即興道場は、クラスであってクラスでなく、パフォーマンスであってパフォーマンスでない、場内にいる全員がそれぞれ責任を持ち、起こっていくことと時間を共有することにより、新しい感覚や視点、意識の開きを促そうという参加型実験プログラムです。
百聞は一見にしかず。
どうぞ、お気軽に、ご参加下さい。
  1. 2009/06/26(金) 00:45:36|
  2. body
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心地よい疲れ

ん~何からかこうかな。

ん、久しぶりの事。
「4451円になります。」
食材をこれだけかったのは久しぶりだ。
ってハーゲンダッツのミニカップが安くなってたのでまとめ買いしたのが大きいけど。苦笑。
そうこれからちゃんとご飯つくります。
ここで宣言したからホントちゃんと創ろう。あれ?作ろう。笑

先週今週とフォーサイスのレパートリーWSをうけていて
昨日今日はほんとにマックスまで使うことをやって
カラダ痛いんですけど心地よい。
カラダからいろいろ吐き出させると
自分の中での問いかけの答えも吐き出されて来て
どんどんクリアーになる。
こういう状態になると 教えるのもマックスで教えるので、モデル仕事して3クラス教えた日は
床に転がってました。笑

今日は、WSあとちょっと気になってたPFがあって、当日券出るか ?だったんだけどいって、やっぱりなくて、でも、なんかほっとする。
こうして、出来る限りのことをやり尽くせる時は 本当に嬉しい。

カコは今の積み重ねで
でも、カコの事物は今という時間の前には力を失う。
けれど
人が感じたこと(カラダに刻まれた事) 
目に映って感動した事
そういたものは
全く別の次元に永遠に存在する
そう感じてる。

そういったものは
その人の栄養となって 
その人の今を輝かせる

マックスですごす今を
事物でとらえるならやはりただのカコの事物になり
今という時間のまえでは力を失うかもしれない。
何かを探し かけまわっていることも
カコのファイルに入れられたなら何の意味もないかもしれない

でも、カコに作られたもの からだの極限まで使う動きを頼りに
今、時間を経て来た体を使って咀嚼することで
確かにカコの大切な粒子を拾い集め抽出してる事をはっきりと感じている。
カラダに刻み込まれて来た時間と
フィードバックしてカコにある確かな美味しい何か
これを手に料理する。
そんなことをしようとしてる
私にとってはとても面白いことだ。


さてと、今 おなかを満たすものを作ることにしよう
カラダの疲れをとって
明日また、新しいカラダにするために。
  1. 2009/06/19(金) 21:05:50|
  2. body
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネオテニー・ジャパン@上野の森美術館

本日午前銀座でクラスを教えて
またもや衝動に任せる。
こうしてるのがいいらしい。

辿り着いたのは、上野の森美術館
前から目を付けていた企画展。

ネオテニー・ジャパンー高橋コレクション
(7/15まで)
http://www.neoteny.jp/
http://www.myspace.com/neotenyjapan(展示風景なんかもみれる)


上野の森美術館は、

ソロ公演やらせてもらったり オープニングイベントをやらせてもらったり
お世話になってる 好きな空間 美術館のひとつ。

今回のは、何か感じてたんだけど

うん!


久々ガッツリ食べた。
満足!!!
そんな感じ。
おかげで帰ってから夕寝したもん。笑

この企画展
今の日本の主要なコンテンポラリーアーティスとの作品がみれる。
しかもクオリティーがいい。

美術館ががデザインに頼ってる っていう私の危惧もとばしてくれる。
同時に何か置き去りにして来てるものも感じたが。
(ここのところコンテンポラリーダンスの1990年頃のの名作のレパートリーWSでカラダにそのころのインフォメーションがはいってきてるせいか、体の方が そのころの確かな何かを感じてるんだ)

1200円 これなら高くないと思う。

今日はスペシャルゲストトークがあって
鈴木芳雄(BRUTUS副編集長)×宮村周子(編集者、来来/LaiRai)
がきていた。
話題は奈良美智、村上隆メインだったが
頭に残ってる言葉をここに。

鈴木「昔は アート特集は売れる話題ではないけど一年に一回いれこんでいて
でも、今は稼ぎ頭の企画で、年に2~3回くむことになってる。8月は浮世絵特集です。」
鈴木「高橋さんってただの金持ちのコレクターだと思ったのだけど
観に行く 買い付けにいく日の2~3日前は、作品のパワーに負けないように体調管理して飲みになんていかない。ってさすが金持ちのコレクターなわけですよ。」


とても
かなり
たいへん
おすすめです。
中には自分に合わないものもあってスルーしたりもするのですが
それでも、お腹いっぱいになると思います。
  1. 2009/06/13(土) 23:59:16|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

衝動逃亡でー

かなり気持ちよく目覚める6時前。
どうやら、昨日から自分を衝動に任せている
そんな感じ。
それで、自分を保ってる。
そんな気がする。

さ~てと!

天気は完璧!

ひょいひょいと準備をする。
服はこれとこれ、、、とお。。。
あ~、しまった。。ビデオ充電しておけばよかった。。。むん。

慌てて出かけるまでの間充電する。
コンビニの珈琲シューをほおばりつつ電車に飛び乗る(お行儀の悪い!)
目的地まで運んでくれる箱の中、
毎度の事ながらこの時間がまた楽しい。
思いつくままにペンを走らせ
気がつけば藤沢!
そそくさと江の電の乗り場へ移動。

おや~

なんか子供達がいっぱい。。
えっと、、、
そうか! 紫陽花の季節と遠足
さらに修学旅行シーズンとあって小中学生がたくさん。

たら~
わざわざ平日選んでるってのに。。。

ぶつぶつ頭の中で文句を言いつつ
鎌倉高校前駅に降り立つ。何度きてもわくわくする。

いや~今日は、、、、

海も、、
人がいっぱいです。
サーファー達で、、、

とっととサンダル脱いではだしになる。

光の加減は理想的!むふ!
とりあえず、岩の上で一服。
日焼け止めをぬってビデオカメラを取り出す。

これをやりたかったらしいのね。今日の私は。
まあね、電車の中でも自分の作品のこと考えてうきうきしてたものね~

カメラをおいてかけまわる。
サーファー達が不思議そうに眺めている。

んなもんどうでもいいさ~
やりたいんだからさっ!

光の中に自分を放つ
空気のなかに体を放つ
風の中に感覚を泳がせる

たまりませんです。

一時間ちょいしてビデオのバッテリーが切れる。
日焼けも気になるのでちょうどいい。

と駅のトイレで自分をみて、、、
あ、、焼けた。。。

あわてて日焼け止めを塗り直し
いざ鎌倉へ!

小町通をカッポして
鎌倉現代美術館へ

まず別館から

鎌倉市の小学校の美術の課外授業に美術館で遊ぼう というものがあるそうで
(現在仕事でいってるY大学の教育学部美術科の学生さんから勧められていた)
今回の展示は所蔵作品について子供達のコメントやら課外授業の写真が展示されてる。

 子供の感性ってすごいね。
「色が喧嘩してない」
「世界が二重構造」
って、おいおい大人顔負け。

感性の細胞そのものがばらばらちりばめられていて
いつもと違った目線でみれる。

そういえば、今仕事でいってるY大学の学生さんたちから今、教育実習期間終えたところで
子供達の様子、授業の様子きかせてもらってる。
学校もずいぶん変わったなと思う。
特に先生の立場。
弱いね。ものすご~く。
でもって、先生達はあまってる。
他の仕事場で、先生方の集まりの場なんかにいくとホントにびっくりしちゃう。
悪い評価はなるべくつけないほうがいい とか、、、そんな話も耳にしてる。
どうなんだろうね~そういうのって。。。
親御さんたちの力が強すぎる。
カルチャーの講座(私のもってるクラスではなく)もそうだけど、
教えてもらうっていう意識大切だと思うんだけどな~

別館を後にして
毎度おなじみの八幡宮参拝とおみくじ。
これがよく当たるんだ。今日も大きくうなづいた。

美術館本館へいく。
建築家の展示だから、気が進まなかったんだけど
あらま、私の好きなコルビジェのもとで学んだ方だったのね。
へ~小田急デパートもてがけたんだ。
この時期の建築って柱や骨組みの感覚が強い気がする。
今はどちらかと言うと面、、、かな~

みながら、自分の欲しかった情報を体の中に蓄積させていく。

そうなんだ。
今吸収時期、
食べ物とかよりもカラダにつみかさねられるもの吸収したいの。

とはいうものの、
カフェエチカの渡り蟹のトマトクリームパスタ白味噌仕立ては食べたいと
カフェエチカへいく。
ここは、ほんと ありがたい場所で、ただいま~っていいたくなる落ち着ける場所。
サーモンのサラダはいつもながらいろいろな葉野菜でいっぱい!
パスタの上にのってるのはからし水菜 これがまた美味しい。
しめは珈琲。う、美味い。。。

ゆっくり話したいのをぐっと我慢して
鎌倉を後にする。

そうさ~
やっぱりいったのさ。
レパートリーWS
いってよかったよ。
ようやく振りのメッセージ受け取った感じ。
今やってるリハの振りを自分でこなしていく作業に、
カラダが新たな栄養ほしがってたんだ。
って気付く。
ん~ここのとこ、面白い感じに自分の体が動いてるから余計にいれていきたいんだろうな。
自分のワークのためにも。
レパートリーWS終えてスタジオがあいていたので、
自分のリサーチ作業
試行錯誤。。。

いやあ~
心身ともに満たされた~
心地よい眠りにつけそうだ。

しかも、
ビデオ!
くく、、、お、、、も白い。。。くくく。。。
あとは、場所決定しなくちゃな~
踊るね。

  1. 2009/06/12(金) 23:59:36|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

振りから読み取る作業

5月にうけたWS。大好きな『ヴェラフィギュア』1995年のイリキリアンの作品。中村恩恵さんから教えて頂いた。ひとつひとつの振りにこめられたメッセージがあり、トータルでみたら膨大な情報量だった。
5月から6月2年前に他界した野和田の振付けをひも解く。ひとつひとつにこめられてるというより全体に、ぼわんとメッセージがこめられてる。
今日は、久々の快眠のあと突発的にハイディのバレエクラスを受け、面白かったのでハイディのフォーサイスレパートリーWSをうける。
『失われた委曲』 これは1990年のフォーサイス作品。
1990年か1991年に東京でみてる。三島由紀夫の言葉がテキストとなっている。
当時はよくわからずみていた。ただ、すごいことだけはわかった。
18年の時を経てこうして教えてもらえる機会を得られるとは。。。
ダンサー自身がそれぞれの振りをこなし自分なりに消化していくので、ハイディのフィルターを通したフォーサイスの振りということになる。
3日間の2日目にあたる今日 すでに1日目にやってることがあるから、、、
一日目をうけてない私はもうこなすだけで手一杯。
む~!
明日も、、、
うけるか?!
どうする私???

スタイジオを後にして 
そのまま、クラス教え、、、
ぱた。。。

カラダが喜んでる。

こうなると事務作業停滞するんだよね。。。
  1. 2009/06/11(木) 23:56:47|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洞察ノ放ツ衝動 一区切り

数日経ってしまいましたが、ようやく心からだが正常に働くようになり
先日終わった洞察についてかこうと思います。
「みれなくて残念!!!」
みれなかった人々にいいたい言葉です。(嫌みですよね~笑)
あんなにも後味のよい企画はそうないと思います。
えりかさんが他界して2年。
そもそも洞察自体はエリカが他界する2年前にストップしてるわけですから、
今更な感じもするものだったと思います。
でも、逆に他界する2年前にストップしてる 今より4年前にストップしてるものだからこそ今やって、それぞれがもうひとつ先にいくポイントや確認、シェアをする場にしてもいいんじゃないかと思ったのです。
野和田恵里花は旅立ちました。
それで終わりにしないで先につなげる展開させていくそんなことがしたかったんです。それが生きてる人間の、生きてる人間だからできること。

リバイバル編の確かな必要性を強固に感じてはいましたが
どうすすめていくべきかについては 手探り。
ただただ出演者スタッフに支えられた企画でした。
告知も、派手にしませんでした。商業目的ではなかったわけですから。

始まりの映像は、野和田恵里花のソロ洞察第一回目のものでした。
彼女が娘さんを生んで今踊りたいといったときのものです。
彼女との付き合いは16年でしたが、その中で自分からソロをやりたいといったのは2回だったと思います。そのうちの一回が『痛風』1999年セッションハウスのシアタ-21フェスで発表されたもの。今回の映像のソロは2003年。極上のソロだと思います。

プロジェクターを通して黒い壁にうつるのかわからないまま小屋入り。
スタッフのりっちゃんにセッティングをお願いして開演直前にみんなでみて
どう使うかきめました。
(ちなみに朝一の入りは、洞察でおなじみのスタッフの三浦かおりちゃんと加藤りつこちゃん。この人達なくしてこの日はありませんでした。二人ともダンサーなのにありがとう。ダンサーだから洞察のスタッフをふたりだけできりもりできるんです。初回から支えてもらっています。)
実際の状況は、その場で出演者みんながそれぞれの判断でしたものです。
映像の有無についてはかなりまえから迷っていました。
それぞれの体でそれぞれの思いを踊るだけでも充分だったかもしれません。
でも、さらにステップを先に進めるために私は必要だと思い不鮮明ではありましたが使いたいと思っていました。いや、みんなで彼女の時間を共有したかった。そちらの方が強かった。わかる人にはわかる そういうことでいいと。追悼公演ではないのですから。

2番目はJOUのウエヲムイテアルコウ
彼女のソロ公演でエリカさんと二人で踊ったものです。
洞察でも一度二人で踊ってくれたことがあります。
(ちなみに4年の間に結婚しましたね。微笑)

3番目は伊藤虹さんの i
虹さんはパパになりました。
ほっくりあったかいソロでした

4番目は白井さち子とJ.Oのデュオ 白昼夢のちゃぶ台 (通称ちゃぶどゅう)
デカチビデュオ 当時もソロばかり踊っていた私に
「ねえぽんちゃん(しらいさちこ)とデュオやったら?」
といったのはえりかさんでした。
その後2003年3月セッションハウスでの私の企画『気持ちいい花』の一部としてエリカさんに振りつけてもらい、その年の夏にピット北区域で30分ヴァージョンができました。その時のGPの映像は、えりかさんの笑い声なんかも入っています。笑
今回監修をお願いした松本大樹はこのときも、時間に間に合わないエリカさんのかわりについていてくれて、、、(あ、初回の3月の時もいいコレクションしてくれましたっけ。)今回もお願い出来た事はラッキーでした。
白井と振りおこししながら、
「そういえばここはこうだった」とか、
「そうそうえりか振りってこうだよね」 とか 
「ここでこおういう事いってたよね」、とか
「この設定て家事をしてるさっちゃん。あれ?えりかさんさっちゃんが結婚するのわかっていたのかしら」(白井はこの4年の間に結婚)とか。
振りから明らかにされるメッセージもあったりして、なんとも感慨深いリハ、そしてパフォーマンスでした。

5番目は松本大樹 幹ノ中ニ咲ク花 
体調不良の中セッションハウスで教えてからのパフォーマンス
さすが、洞察ノ放ツ衝動の 名付け親です。

6番目は川野真子さん 無題
ばりっとエリカさんを思わせる音。
カラダがしゃべる笑うようなそんなダンス。
エリカさんと真子さんは、私が知り合った頃はダンス界がまだまだ保守的な時代でしたが
二人でみてる方が楽しくなっちゃうPFやったりしていました。日本のコンテンポラリーダンスを支えて来たと言っても過言ではないと思います。

ミックスヴァージョンは、みた方はニッコリされてる事と思いますが、
いい具合にはじけて楽しんで、出演者も観客の皆さんもハッピーなふんわり優しい空気が小屋中に充満していました。
あ、エリカさんの仕業。。。?
があったとしても、あの場は出演者と観客の皆さんがつくりだしたもの。
それぞれが思い感じてるものをみんなで共有できたように感じています。
みに来て下さった方々の中には、公演を教えてくれた人に ありがとう といった方々がたくさんいらしたようです。

よかった~!

あ、そうそう、当日オファーにも関わらず音響を引き受けてくれた河田さん
照明係担当してくれたダンサーの若松ともちゃん どうもありがとうございました!


洞察ノ放ツ衝動 
これで一度ピリオドを打ちます。
一区切りです。

皆さんありがとうございました!
        洞察ノ放ツ衝動 リバイバル編発起人 奥田純子

  1. 2009/06/10(水) 23:28:07|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6/3 洞察ノ放ツ衝動 補足 

今回のりうち2公演という超タイトな状況でした。
そんなときにふわりと現れた
音の妖精さん。
河田康雄氏 ふわりと音響その場でひきうけてくださり本当にありがとうございました。

当初音係をお願いしていた若松智子さんは 照明&タイムキーパー担当

この企画
舞監 が存在してないんです。
あの破格値の秘密ここにありです。
出演者自身がチェックし合ってひっぱって、
ときおり、私がプッシュ。
助けられて
助け合って
ぎりっぎりのところでやってるんです。
みなさまに感謝!!!


  1. 2009/06/06(土) 02:59:57|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よかった~

洞察ノ放ツ衝動 リバイバル編
おかげさまで無事大盛況のうちに終わりました!

使うか迷った映像えりかソロもながせて、
いい感じに本日のプログラムの一部としてできたのは
出演者の皆様のおかげ。
始まる前に これなんだけど どうかしら? ときいてみた。
じゃあこういうふうにみんな入っていったら
と 真子さん。
ちょっと設定があれば、あとは転がっていくのが洞察ノ放ツ衝動
すごいな~


彼女が他界してから
ず~っとやろう やりたい と思ってた事。
こういうことって
私うなされるかのように、、、
やらねば~って思う。

洞察自体は
彼女が他界する2年前にストップしてる。
それぞれの活動が忙しくなって
それぞれの方向に向いて走っていたみんな
今回4年の月日を経ていい感じにパワーアップと言うか
ヴァージョンアップしてた。

みに来て下さった方々楽しんで頂けたようでよかった。
でも、なにより 出演者みんなが楽しめた事が一番だな。
この企画は、ダンサー主体なのだから。
照明の件で もっと明るくてもいいのではというご意見も頂いたけれど
ゲネのときに私も感じて 明るくしてみたら
違った。
踊り手の心地よい状況が一番なんだ。この企画は。

えりかさんが人に振りつけた作品(自分が出ていなくて)ってそうたくさんではないと思う
今回デカチビちゃぶ台デュオをやることが大きい目的でもあった。彼女の作品面白いのが残ってるんだよ!って 紹介したかったんだ。

終えてほっとしてる。

ここ数日は特に1時間おきに目が覚め睡眠1~2時間で
制作と踊る事を両立する事はやっぱりしんどかったけどね。
おかげで、ミックスヴァージョンでは、他の作品で介入して踊る気力が、、、
何も心配せず 
ダンスに専念できる状態で踊りたいな~と思う。
ね、、眠い。。。
かなり頭が白い。
脳がいっぱいと言うか活動停止というか
なのに
これで次に進めるって、私どこかで思ってるのね。

ん。とりあえず休もう。
みなさん どうもありがとう!


P.S.
出演者のみなさん どうもありがとう
皆さんがごくごく当たり前に彼女の存在をもっていて
それを共有できたこと
それが大きい
  1. 2009/06/04(木) 05:34:37|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

直前告知!

ここ数年ダンス界とはちょっと別の地点で踊っていたので
なんか、かなり久々な感じです。こういう場は。
って私が企画したんですが。笑
突如として5月中頃に。笑
というわけで、お知らせ行き届いてないところもた~くさんあると思います。
へ~ と思った方、お知らせお誘いして下さったりすると
嬉しかったりします。


すでにお伝えしたりもしましたが
6月3日(水)お久しぶりのマイダンス企画
「洞察ノ放ツ衝動」です。


4年ぶりのリバイバル、
しかも4年前の豪華な面々が集まるので
リバイバル編
ま、ひとり欠けてますけどね。

soloやduoのダンスそのものをみせる16:30~の回
mix=16:30~おみせしたものに、作品外の今回の出演者達が絶妙なタイミングではいりこむドキドキわくわくの19:30~の回

今回私は、デカチビデュオ小さいダンサー白井さち子との身長差30センチのデュオです。ホラーコメディーな世界をダンスを見慣れてない人も楽しめるはず!このデュオ足取り軽~く他界してしまった素敵なダンサー野和田恵里花と一緒につくった作品で、彼女どくどくのテイストの不思議な軽やかさのある作品です。懐メロシーンは、ちょっと音を新しくしてお目見えします!  今回再演するにあたり松本大樹に監修をお願いして、今回のためのヴァージョンができあがりました。深く考えすぎず観て頂けるかと思います。

以下詳細


~~洞察ノ放つ衝動~~
  リバイバル編



洞察ノ放ツ衝動 は、

舞台照明を使わずダンスそのものを
みせる企画として2003~2005年まで
に7回公演を行う。今回のリバイバ
ル編はその最後の回2005年9月の
メンバーが4年の歳月を経て集う。
2005年9月との違い=野和田恵里
花の旅立ち + 4つ年を重ねた人達 

身体は何を発するのか?



2009年6月3日(水)
solo&duoヴァージョン 16:30~
mixヴァージョン     19:30~
*mixヴァージョンはsolo&duoに作品外のダンサーがその場の判断で参加するもの

前売 1500円 当日 2000円
通し前売のみ 2500円 

<集う人>
川野眞子  http://www.syouei.co.jp/intro.htm
白井さち子 http://sachipon.jp/about/
Jou     http://odorujou.net/pages/index.html
若松智子(音係) http://neighbour.fc2web.com/wkamatsu.htm
伊藤虹 http://www.ne.jp/asahi/tin/don/
松本大樹  http://www.session-house.net/dance_classt.html
奥田純子  http://homepage.mac.com/junko2005/dance/PhotoAlbum7.html

神楽坂ディプラッツ
03-3235-2248
新宿区西五軒町2-12
東京メトロ東西線神楽坂1番出口を左折、赤城神社を右折。
突き当たりを左折し道なりに坂を下った先左手。

予約・問い合わせ
 ネイバープロジェクト
redstormenergy@yahoo.co.jp

発起人 奥田純子
  1. 2009/06/03(水) 16:43:19|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洞察ノ放ツ衝動 ~リバイバルヴァージョン~2009年6月3日

ふふふ。
4年ぶりですよ。
洞察ノ放ツ衝動
久々やることにして、4年も放置してしまった事にものすごくショックを受けました。

「洞察ノ放ツ衝動」は2003~2005年に舞台照明を使わずに
作品そのものをみせること、
身体そのものダンスそのものをみせる事、
がんがんつくる、
低コストで、観客層を広げる事を目的に
3ヶ月おきぐらいにやっていた企画でした。
一つ終わる前に次の企画をしていましたっけ。
*今は、更新できなくなってしまった 洞察ノ放ツ衝動 のHPはこちらです。
洞察ノ放ツ衝動

今回なぜ4年の歳月を経てやるのかというと
不在の存在 を 証明 確認 するためです。
5月11日は
野和田恵里花嬢の命日。
彼女は 洞察ノ放ツ衝動 の立ち上げ&レギュラーメンバーで、
2年前肉体は不在になりました。
が、
彼女のダンスは、今だ人の心や記憶の中にあって、ふと意識を別の次元に飛ばせばそこやここに存在していたりします。

今回の洞察ノ放ツ衝動は、
2005年9月の最後の回のメンバーが集う。
野和田恵里花ひとりをのぞいて。
4年の歳月を経るとひとの生活は色々変わって、結婚した人も子供ができた人もいる。
(私はそのどちらにも当てはまらないが。笑) 様々なそれぞれ変化をひっくるめて
それぞれの立ち方、存在の仕方でそこに集う。
野和田嬢のダンスもそこに集う。ニンマリ 肉体はなくともね。

人の心や記憶の書庫にしまっておいても、それは他の人の目に触れる事はなく
シェアすることもできないでしょ?
よいっしょ!と。
人の目に触れるところに移動させて、、、

とまあ、そんなわけで

ふらり、おつきあい頂けたら大変嬉しく思います。

川野眞子ソロ
JOUソロ
伊藤虹ソロ
松本大樹ソロ
2005年に野和田、白井、奥田の三人でつくったデカチビちゃぶ台デュオ

をご用意して
さらにそれぞれの作品に介入するMIXヴァージョンもご用意して御まちしております。

現在1カ月前を切ってるというのに告知がままならない状態。
アンテナに引っかかった方は、ぜひいらしてくださいませ。
周りの方にお知らせなんかして頂けたらまた嬉しかったり致します。J.O (発起人)

洞察ノ放ツ衝動リバイバル編

洞察ノ放ツ衝動 は、

舞台照明を使わずダンスそのものを
みせる企画として2003~2005年まで
に7回公演を行う。今回のリバイバ
ル編はその最後の回2005年9月の
メンバーが4年の歳月を経て集う。
2005年9月との違い=野和田恵里
花の旅立ち + 4つ年を重ねた人達 

身体は何を発するのか?


2009年6月3日(水)
16:30~ ソロヴァージョン
19:30~ ミックスヴァージョン


*mixヴァージョンはsolo&duoに作品外のダンサーがその場の判断で参加するもの

前売 1500円 当日 2000円
通し前売のみ 2500円 

集う人
 川野眞子 白井さち子 Jou 若松智子(音係) 伊藤虹 松本大樹 奥田純子 

神楽坂ディプラッツ
03-3235-2248
新宿区西五軒町2-12
東京メトロ東西線神楽坂1番出口を左折、赤城神社を右折。
突き当たりを左折し道なりに坂を下った先左手。

予約・問い合わせ
ネイバープロジェクト
redstormenergy@yahoo.co.jp

発起人 奥田純子

  1. 2009/06/03(水) 02:03:03|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

えりかソロ

洞察明日だな。
いろいろ用意してると
この時間になるのはいつものこと
下手すると2日起きて5時間睡眠とかざらになったここ数年。
そうね。自分で企画しだしてからだ。

私の個人的えりかダンスのなかで一番のお気に入り
洞察第一回目のソロ
観るのに勇気のいった昨年。
みて、胸がいっぱいになった。

ここのところ柴咲コウの 最愛 をきいていて、、
なんとなく彼女の事を思い出す、、、

意を決してみた今
ほっくり思わず笑みがこぼれる。
みんなでみたいな~。

踊ってるのを観ながら
ひろ~くあったかい愛に満ちた人だったな~ と

すぐそこにいるけれど
とても
なつかしく思った。
この次元での時間が確実にすぎてることを感じた。
まったく肉体というものは、
なんと繊細で単純なんだろう。


ああ、そうだ。
今回の洞察で、DMメールなどだしていて
彼女が他界したことを知らない人もいて
なんか、、この時空のパラドックスをみる思いをした。
ごくごく 当たり前の事なんだけど、、ね。
  1. 2009/06/02(火) 05:01:14|
  2. body
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

J.O

05 | 2009/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。