DANCE & LIFE with DOG

JUNKO OKUDA dance information, Life with CAMUS MUSE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またもや!

えへ、いってきちゃった~。
今月二度目の逃亡。
着物で行こうかと思いつつ、展示室が多いのと遠いので軽装で。。。
そろそろ回転させなくちゃいけない頭のねじに油を注すために、、

川村記念館は
いつもとっても魅力的な展示をやっていて気になっていながら
あまりの遠さにいかれずにいたところ。
美術関係者は結構いってるみたいだけど。
で、
よかったです。
佐倉まで上野から1時間 そこからバスで30分。。。
ね、聞いただけでもめげそうでしょ?
でも今回の企画展と~っても気になっていたんです。
マークロスコ展
通常でも川村記念館にはロスコルームというのがあるんですが
そこにはロスコが大切にしていた作品シーグラム壁画30点のうち7点があって
今回はロンドンのテートギャラリーから3点 ワシントンナショナルギャラリーから5点 合計15点が集まるという素敵な企画。
よっ!大日本インキ!
コレクションもすごいんですよ!
市立でも県立でもない私立の美術館がもってるわけです。逆に言えばだからこそできたのかもしれないですね。
(公立の美術館は予算と方向性の問題と常に戦ってますから。まあなんでもそうでしょうけど。)

このロスコ展、わたしったらぐるぐる5回ぐらいまわりました。
ほんとは、早めのバスに乗って稽古にいくつもりだったんですが、なんか
なんどもみたくなってしまって、、、まわる度に感覚がかわる。
5回目にロスコのルーツのロシアを感じて、なんか納得しました。
常設展も素晴らしくて逆戻りしてもう一回みてしまいました。

そうそう、美術館内にお茶室もあってお茶もたててくれたりするようです。
(ちっ。着物で来れば良かったとおもった一瞬。笑)
シャトーっぽい作りは外観だけでなく、内側も。お屋敷を訪問したような感覚に陥ります。でも、廊下や階段の壁ではなく各部屋に絵がそこの主としておかれてるあたりは、ああ美術館だものね と。

お外の公園も素敵!桜の頃に来れば、もっとすごかったみたいです。
でも運良く藤の花が咲き始めでうつくしかった~子供のころふじの花のかんざしに憧れ、藤色の総絞りのお着物に憧れ、辻が花の着物をねだり、とふじの花は大好きなんです。 これからは、ツツジが咲き誇るようですよ~
子供連れでいって一日のんびりできるぐらい公園は広いです。野草も売ってたり。レストランは、カレー1200円etcちょいとお高めですが、私が頂いたのはカラメリゼしたリンゴとパテのサンドイッチとワイン=1100円!こちらがおすすめ~パテと甘いリンゴの組み合わせが最高です!

ロスコの絵を知ったのはアートカレンダーでした。うちは毎年アートカレンダーを買うのですが、いつだったかの年に美しい青に惹かれかったんです。
今でも確かとってある。

今回は黒い絵の連作もあって、これもまた素敵でした。

なによりも、ここの美術館ゆったりみれるのが いいです。
みやすい、鑑賞しやすい。
ゆったり展示されてる。

常設展では久々にシャガールの大きめの油彩もみれてやっぱりいいわ!と思った。版画だと別物だもん。教会のステンドグラスに描かれた消えかかった絵でさえ版画なんかよりとんでもなく素晴らしかった。(これどこだったんだろう?)藤田の作品もいいのがありました。シフォンのドレスの質感が感じ取れるようなもの。この人の白はやはりすごい。。。あと花瓶の花(アンリランタン=トゥール)も巨大な赤い絵のバーネットニューマンのアンナの光、モーリス・ルイスもよかった。はふ~

いやはや、とっぷりと堪能してきました。
帰りには、ウェブでみつけた市立美術館のミュージアムカフェで地鶏タマゴのプリンを頂く。
プリンに関してはうちもかなり極めているので(1週間に2~3度やいてたことがある)気になってついつい。美味しゅうございました。うちも負けませんことよ。笑 

いや~堪能!
さてこれから、自宅レッスン軽くして今日は寝ることに。。。

ロスコ展おすすめですよ~


そうそうミュージアムショップで面白い本がありました。
タイトルは忘れましたが、現代アートの入門書(2009年3月)
見方がわからないよ。っていう方はもちろん、
勝手にみてる私も楽しめそうな本
それに、ロスコの絵は、右脳で理解する感覚に直接訴える作品とかかれていましたっけ。
納得。だから、ただただ感じることができるんだな。って。
頭で考えて理解を得ようとしてない感じが心地よい。線とかそういう情報がないのが心地よい。でも、わかる。これって素晴らしい。それなのに人の裏側まで描き出すような、、、もうこの辺になると私の主観以外の何者でもありませんけどね。笑

スポンサーサイト
  1. 2009/04/28(火) 23:07:49|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

深夜のBD

そんなわけで
深夜ではありましたが
カミュさんの目うったえに動かされ
深夜ワンコケーキを作りました。
IMG_0254.jpg

IMG_0266.jpg


カミュさんが24時間かかって出産してから5年前もいや5年しか?経ったんだね。ありがとうね~
最後にニーチェ産み落とした後ぐったりするかと思えば、
「あ~すっきりした~」な顔で足取り軽く小走りしてたのにはあいた口がふさがらなかったっけ。
 
ミューちゃんお誕生日おめでとう!
5歳だね。人間でいったら女っぷりがあがるお年頃よ。
今日まで病気一つせずに元気で天真爛漫に笑顔振りまいてくれてありがとうね!
ドライの杏を300グラム食べて胃液でふっくらした杏を両手3杯吐いて脱水症状起こしても、カカオ80%のチョコを80グラム食べても、黒糖300グラム食べても 元気でいてくれて本当によかったよ。
(かきながら、人間でも食べれるかどうか?な量だとあきれてしまった笑)

カミュもミューズもこれからも元気でいてね! 



IMG_0269_convert_20090415023338.jpg

IMG_0260_convert_20090415023153.jpg
  1. 2009/04/15(水) 02:39:42|
  2. dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あらま

気がつけば、、、
うちのミューズさんのお誕生日でした。

あわててお誕生日おめでとうメッセージを孫達に送るミューズばあばのJ.O
ワンコの飼い主をよぶときカミュママとか XXパパとかなるわけで
そののりでいくとミューズばあばなのです。

今日はニーチェのままがプライベートレッスンに我が家にきていて
カミュとミュ-ズにとってもかわいいおりぼんプレゼントをくれました。
そのときは、日にちを一日間違えていてね、、、
日付変更前ぎりぎりにきがつき
兄弟のキース ルナ ニーチェ にあわててメール。5歳の誕生日だから何かあげようかと思ってたのだけど、、、
ダメなばーちゃんだわ~
  1. 2009/04/14(火) 23:59:29|
  2. dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウェット

本日いや、昨日
着物のデザイン 手描き友禅 染めをやってる友人宅訪問。
骨董品でいっぱいの家で可愛い亀さんなんかもいたりして
見所満載!
アトリエの方はこれまたすごくて
いいものたくさんみせてもらいました。着物 帯 etc

いろいろ話して帰り着き

ふと
友人が、
着物の柄をつくる職人さんの言葉を紹介してたのを思い出す。

『おれは脱がせたくなる着物にしないといけないんだよっ!
それはエロスだよ
エロスは人間の本能で、生きる活力を与えるものなんだ!』

つづいて
「一級品には色気がある」
という言葉も思い出す。たしか漆職人さんがいっていた。


日本の エロス 色気
これは西洋のものとは違うように思う。
日本のものはウェット。気候のせいか人間関係のせいか。。。

体に関していうと
西洋をはじめ中国も3次元的
日本は平面2次元的
これは動きやきるものからもわかる。
日舞や着物は平面的で
バレエや洋服が立体的

しかしながら、能舞台の宇宙的空間を思うとき
4次元という言葉が頭をちらつく。

今日友人のかいた乱菊の着物を羽織ったときにも
平面に置かれていた2次元のものが瞬時にかわり
4次元を感じた。

今 こうしてかきながら思う。
日本の色気やエロスは肉質的でないところにあるのでは?

海外物のAVを動物的すぎて、、、という男性陣の声をよく耳にする。
人間動物なんだから当たり前のような気もするけど
違うんでしょうね~感覚が。

一級品の色気とAVのエロスを一緒に並べるのもどうかと思うが 笑
そそられる そそられないということでは同じか?

ちょっと話がばらけてきたところで
ドライな色気とウェットな色気なら
私はウェットな色気のほうがそそられる
というところで今日は終わりにしておこう。
  1. 2009/04/13(月) 23:28:18|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぷは!

う~!
楽しかった~!

ちょいとね、
ふらりとね

 海へ! 鎌倉へ!

  といっても

帰り際に「いってらっしゃ~い」 といわれるような
いつも行くとこなんですけどね。笑


昨日からの考え事
だいぶまとまってきたのだけど、、

どうもね、私の考え事は移動中の電車の中とか黙々と歩いてる時とか
ふとした瞬間だとかにぱつんとあう、すっきりすることが多いのです。
モデル仕事しながらってこともよくありました。笑

今朝は貫徹あけ
朝風呂につかりカミュ姫の眠りへの誘惑の流し目にくらりときながら
どうせだったら、移動しながら考え事して、ついでにぷるんとリフレッシュしてのほうが いいじゃ~ん!
って。

ラッシュアワーの小田急線に乗り込み
江の電に乗る。
いつものように江の電乗るがわくわく感が前より少ない。。。?
年のせいか慣れのせいかと
子供のころの外出先でわくっわくしたときに、母のみせる
子供にとってはクールな横顔を思い出しつつ。。。年のせいかなと首を傾げさみしい気持ちになる。

鎌倉高校前とうちゃ~く!

で、
例によって例のごとく海へ!
あらま~
春ね~
海岸もお花が!
波がえらくご機嫌で!
風もえらくご機嫌で!

海岸の木片の上に座り一息。
やっぱり、わくわく感レス。。。?
でも風が気持ちいい
潮のかおりがたいそう心地よくて!
ふらり荷物を投げ出し裸足で歩き始める。
海水に浸かるもなんか感動レス。。。?
なんておもってるうちに風がふわりふわり上着を脱がすのごとく
遊ぼうぜ!って仕掛けてきてね。
波も笑ってるな~って
気がついたらわくわくしてた。笑
まんまとはめられました。笑
砂に同化しようとすれば波に足下さらわれないのだけど。
波に同化しようとすればこいよ!ってさらわれる。
でも今日は風と相性が良かったみたい。
ひとしきりじゃばじゃば遊んで腰をかけ、
ふと気付けば、
視界に映っていただけの海が
ず~っと遠くまで続いてることを
カラダがしっかりとキャッチしていた。
そうだね
しばらくきてなかったもんね。
と うなづきながら
江の電へ再び乗る。

桜が散って散って、でもかろうじてついてる本日は、
この時期にしては、少なめの観光客だった。
鎌倉現代美術館へ。
ルドンとシャガール これがみたかったの。
両方とも版画で、シャガールは海外をまわってたときにステンドグラスやら
油でみていたから、感動がうすくて、、、
版画 そいうことなんだ。と思った。
ルドン、黒の使い方が素敵!
残念だったのは照明がガラスに反射してせっかくの黒に自分やら室内が映りこんでしまうこと。もったいない!
そのあと別館へ、岡村桂三郎がよかったな。本館のほうでこの人の個展やった時は、圧巻だった。手法も試行錯誤してるのがかいてない私でもわかる。

鶴岡八幡宮のお参りもいつものこと。
鶴岡八幡宮はいつもお参りする度、体が整えられる。かしゃん!て
その時感じた言葉がそのままおみくじに出ていた。笑

そのあと竹寺へ向かう。
春の山は華やかだな~
景色を見つつ黙々と歩く。
歩く足が淡々とリズムを刻む中
頭が色々思考して、ぱ~ん!と音をたててとけた。
いろいろ、いろいろ!

竹寺はほんとに久しぶり。
さくらが舞う舞う
いつもは竹と会話するんだけど
今日は光が気になってしょうがなかったな。
こうして出歩くと 何が気になってるのか、よくわかる。
竹寺をあとにしてちょいとその奥にある洋館へ。
バラ園があるんだけど、まだ早かったわ。
おなかが減ってクラッとしつつお目当てのいつものカフェ、エチカへ。
ここはホント落ちつく場所。
音を物色してるのをお店の人が知っているので、
次々おすすめをかけてくれる。
今日は、エリゼチカルトーゾ のオンパレード!

カフェでのんびり過ごして
いってらっしゃ~い!と送り出され
駅で友人と会う。
ひさしぶり~!って。
元気そうで何よりだった。
そのあと稲村ケ崎に初めて降り立つ。江の電は何度ものってるけどいつも決まったところばかり。今日はなんとなく降りてはみたけれど、
ものの数分で引き返す。寒い!今日は薄着してたから。
小田急で書き物をするもzzz....
新宿に着く頃にはおなかぺこぺこ。
でもちょっとよいしょして事務用品ゲット。
帰り着く。
いや~
いい日でした! 
マル!



真ん中の画像おっきくしてみてね。
かな~り気に入ってます。
  1. 2009/04/10(金) 23:33:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Art Design Fashion(アートのきりくちから)

どう言葉にしたらいいだろう。
とりあえず、
かいてみよう
ここから先はArtであってdesignではないことご了承下され。笑







ふとon Blue の際の作家さんの言葉を思い出す。
(ブルーの空間の作品とのダンスの依頼を受けた)

「本当にみたい人みて欲しい人にみてもらえればいいんです。
 今回は。」
(前回の上野の森美術館での個展は、わかりやすく誰にでもみて欲しいからといわれていた)


on Blue のお題は
『向こう側へ行くには、
 やり尽くされた今の向こう側に行くには
 どうしたらいいか。
 向こう側にいってください。』
だった。

このときは向こう側のことばかり考えていたけれど
それ以前の問題なんだ とはっとする。

つくる以前に
誰に対してつくるか 
なのだ。


今日ギャラリーで
「ぼくがみたいものを創ってるだけ」という画家さん。

それでいいのだと思う。
そして、ごくごく限られた人がみてくれればいい
それぐらいの感覚で自分の大切なものをカタチにすることがKeyのような気がする。
全ての人が満足するとか そういうことは
自分にとって極上のものを創る上で、邪魔であり無駄であり
おこがましいおせっかいなのかもしれない。
アートとデザインの差はそこなのだろうと思う。



ファッションは一過性のものであって、スタイルでありステータスあったり
その人のその時の主張を表すもの。
服であっても、生活スタイルであっても、生活様式であっても、その人自身がそのときに自身を現す手段の一つ。
 今はアートというものが増えて、普及して 
それ自身が、ある意味万人に受けるようなことがファションとなって
デザインの領域に限りなく近づいて接点を共有している。
一方デザインは 個々が主張できる時代となったことで、そのまま使われるよりも、取り入れられカスタマイズされていくことがファッションとなってるように思う。
 
 こうやって考えていくと、ごく一部の人のものであったかつてのArtの存在は窮地にあるのかもしれない。

ある人がいう。
デザイン分野の方が現代アートよりはるかに高いクオリティー
だと。

 今はある意味デザインバブルといえるかもしれない。
美術館がデザインに関する企画を行っていて、そのクオリティーの高さ
を認め、ある意味アートの希望を託してるように感じるのは気のせいではないと思う。(おいおい、託しちゃダメだよ。笑)
ただ、バブルだとするならば、やがて崩壊。。。
そのときには また、 かつての限られた人達が有するArtの存在が
きらめく一点となって世界を照らすのかもしれない。


とまあ、
うだうだかいてみて

結局のところ、

今生きているということは、今(という時点)がファッションと共にいて
生活するということは、日常は(日々紡がれる時空)デザインと共にいる

逆の方がいいか、
ファッションは今生きることと共にあって
デザインは生活することと共にある。

太古の昔から受け継がれる生命というスパンで考えたとき
Artという言葉が浮かび上がる。

聖書によれば、神がつくったとされる
人間という創造物が Artといえるかもしれない







かきたいだけかいてみて、
明日冷静によんだら、大笑いして消してるかもしれないな~苦笑


アート デザイン ファッション ねたは、昨年から続いてます。
もうね~しつこいったら!!!
でも、きっとまだ続くんでしょうね~ 笑

  1. 2009/04/08(水) 00:30:51|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロッキーSHOW@驢馬駱駝

こんにちは~
春ですね~
ごぶさたしてます。
後追い日記にて失礼~
3月29日は2年ぶりのクロッキーSHOWでした。
今回ウェブ上での告知はミクシーのみさせていただきました。
すみませんです。
なんでいってくれなかったの?
というかた、どうかコメントお残し頂くか
redstormenergy@yahoo.co.jpまでご連絡くださいませね。

気がつけば過去3回、縮小版いれて4回で200人近くの方がご参加くださいました。
モデル一人に対し基本人数が20人ですから、ちょっとびっくり。
本当にありがたいことです。

今回も素晴らしい時空が描き手の皆様とモデルの間で紡がれました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
今回は終わったあとに階下で会食、
クロッキー帳たりなくなってあいまで買いにはしったかたもいらっしゃたり
3冊用意しておくと安心なんて話も。

2年のブランクがありながらお集まり下さった皆様に拍手!
ありがとうございました!

次はいつというのは、
またのお楽しみに。
 


  1. 2009/04/07(火) 16:32:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

J.O

03 | 2009/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。